イコン 寒冷紗貼り

イコンの石膏板作り 第2幕


寒冷紗貼りです



寒冷紗をパネルに貼る理由として2つ

1)石膏の定着
 寒冷紗のザラザラした素材に石膏が付きやすくなる。

2)パネルの歪み防止
 木製パネルは水分を吸うとパネルの繊維が縮み、パネルが歪む。
 石膏を塗り重ねると、石膏の水分をパネルが吸ってパネルが歪み、その影響で石膏板にヒビが入っ てしまうことがある。
 寒冷紗を貼ることで、寒冷紗自体がパネルを固定する役割を果たし反りを抑える。
 

寒冷紗は裏・表両面に貼る
石膏をあまり重ねない時は寒冷紗張りが片面でもよかったり貼らなかったりするが、私はそんなことして成功する自身が無いので念入りに裏表に寒冷紗を貼る。


すでに表に寒冷紗を張り終えた段階からレポートするので今回は裏面に貼っていく。



DSC00981.jpg
作業光景と必要な材料・道具

?タオルは寒冷紗を膠水に浸すときに手がべたついて次の行程に移る際に作業に支障を与えるので、手拭き用の水?とセットで用意
水場が制作場の近くに無いときには手洗いセットは付近に常に置いておいた方がよい。作業効率がずっとよくなる。

?寒冷紗をひたすための膠水 ※冷やさないように注意

?水(?参照

?寒冷紗を貼る前に木製パネルに塗るための膠水 ※冷やさないように注意

?寒冷紗は買った当初は糊付けされてるためパキパキの状態。使用前に水洗いし糊を洗い流す。乾かすと洗う前に比べ大きさが1/2になるので注意

?寒冷紗をパネルにうまく貼るための道具

?主役




DSC00983.jpg
パネル片面に膠水(水10:膠0.8)を刷毛で塗る



DSC00984.jpg
寒冷紗を膠水に浸す。十分にしみ込ませ、軽く絞る



DSC00985.jpg
パネルに貼る。両手で端をひっぱりながら、しわの無いよう慎重に貼る



DSC00986.jpg
最後に刷毛で叩くように膠を塗る

周りの余った寒冷紗は側面と反対の面に貼る
この時、寒冷紗の四つ角はハサミで落とす。こうすることで四つ角を綺麗に折ることができる。



おわり


2日は乾燥させる


次はついに石膏塗りをレポート